So-net無料ブログ作成
検索選択
健康・病気 ブログトップ

RSウイルス 症状 子供 治療 [健康・病気]

現在、全国的にRSウイルスという新しいウイルスが流行しているようです。

RSウイルスとはどのようなウイルスなのでしょうか。
RSウイルスの感染経路、症状や治療方法、予防方法などの情報をお届けします。


とくに子供がいらっしゃる方は気をつけてみていただければと思います。



RSウイルスとは


images.jpg


RSウイルスは冬から春にかけて流行し、乳幼児気道感染症の重要なウイルスです。
RSウイルスのRSはRespiratorySyncytialの略で「呼吸の合胞体ウイルス」という意味です。
「呼吸の」という意味だということからもわかるように呼吸器系に感染するのウイルスです。



RSウイルスの感染力は非常に強く、2歳頃までにほぼ100%の子どもがかかります。一度かかっても免疫が十分にできないので何度もかかりますが、くり返し感染しながら徐々に免疫ができ、症状は軽くなります。


感染経路


飛沫感染と接触感染の2経路があります。飛沫感染では、感染した人の咳やくしゃみで飛散したウイルスを直接吸い込むことによって感染し、鼻や咽頭の粘膜で増殖します。

また、接触感染も多く、鼻汁や痰に含まれるRSウイルスが皮膚や衣服、玩具、またそれに触れた手指についても、4~7時間のあいだは感染する可能性があり、それが眼瞼や鼻咽頭の粘膜と接触することでうつります。


潜伏期間


潜伏期は2~8日で、症状が現れる前でも感染することがあるうえ、症状が消えてからも1~3週間は感染する力があると言われています。


症状


20091027122619xseDr.jpg


RSウイルス感染症では、ふつう鼻水、咳、発熱などのかぜと同じ症状が現れます。
多くの場合1~2週間で治ります。


しかし、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、循環器系の疾患を有する幼児では重症化しやすく、呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、免疫不全患者においても重症化する傾向があるので注意が必要です。



治療方法

RSウイルスに抗生物質は効きません。
RSウイルスに対する特効薬はないというのが現状です。


多くの場合は症状を抑える対症療法がほとんどです。他の「かぜ」と同じく、水分補給・睡眠・栄養・保温をして安静にして経過をみることになります。脱水があり飲めない、呼吸困難が強い、二次感染が重篤などの場合には、入院が必要となることがあります。

予防方法


予防策としては、まずは風邪などの病気と同じように、手をよく洗ったり、おもちゃやおしゃぶりなど赤ちゃんがお口に入れるものは清潔にしておいてください。

感染者との接触や感染者から飛散した気道分泌物が付着したおもちゃやおしゃぶりなどによって感染することがあります。


流行期に生後6ヶ月未満の乳児を連れて外出をする場合には、人ごみを避けるなどの注意や、まわりの人が感染源にならないように注意する必要があります。(RSウイルスはおとなのかぜの原因にもなります)また、手洗いの励行による接触予防、マスクの着用による飛沫防止も有効です。


 RSウイルスは、消毒薬に弱いので、次亜塩素酸ナトリウム(ミルトンなど)、消毒用アルコール、ポピドンヨード(イソジンなど)が有効です。


しっかり予防対策をして、大事なお子様が病気にならないように気をつけましょう。
  





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
健康・病気 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。